タグを入れないテスト  金井|湛《しずか》君は哲学が職業である。  哲学者という概念には、何か書物を書いているということが伴う。金井

名前: @plnnano / ぷるん(がなりP/人声錬成P/しらぺろP
タグ: テスト
公開範囲:公開 閲覧数:339
作成時刻:2012-03-31 01:11:57
このエントリーをはてなブックマークに追加


タグを入れないテスト

 金井|湛《しずか》君は哲学が職業である。
 哲学者という概念には、何か書物を書いているということが伴う。金井君は哲学が職業である癖に、なんにも書物を書いていない。文科大学を卒業するときには、外道《げどう》哲学と Sokrates 前の希臘《ギリシャ》哲学との比較的研究とかいう題で、余程へんなものを書いたそうだ。それからというものは、なんにも書かない。
 しかし職業であるから講義はする。講座は哲学史を受け持っていて、近世哲学史の講義をしている。学生の評判では、本を沢山書いている先生方の講義よりは、金井先生の講義の方が面白いということである。講義は直観的で、或物の上に強い光線を投げることがある。そういうときに、学生はいつまでも消えない印象を得るのである。殊《こと》に縁の遠い物、何の関係もないような物を藉《か》りて来て或物を説明して、聴く人がはっと思って会得するというような事が多い。Schopenhauer は新聞の雑報のような世間話を材料帳に留《と》めて置いて、自己の哲学の材料にしたそうだが、金井君は何をでも哲学史の材料にする。真面目《まじめ》な講義の中で、その頃青年の読んでいる小説なんぞを引いて説明するので、学生がびっくりすることがある。
 小説は沢山読む。新聞や雑誌を見るときは、議論なんぞは見ないで、小説を読む。しかし若《も》し何と思って読むかということを作者が知ったら、作者は憤慨するだろう。芸術品として見るのではない。金井君は芸術品には非常に高い要求をしているから、そこいら中にある小説はこの要求を充たすに足りない。金井君には、作者がどういう心理的状態で書いているかということが面白いのである。それだから金井君の為めには、作者が悲しいとか悲壮なとかいう積《つもり》で書いているものが、極《きわめ》て滑稽《こっけい》に感ぜられたり、作者が滑稽の積で書いているものが、却《かえっ》て悲しかったりする。
 金井君も何か書いて見たいという考はおりおり起る。哲学は職業ではあるが、自己の哲学を建設しようなどとは思わないから、哲学を書く気はない。それよりは小説か脚本かを書いて見たいと思う。しかし例の芸術品に対する要求が高い為めに、容易に取り附けないのである。

参照元

お返事

広告

@plnnano
ユーザーページ
こごぷろのぷるん @雪ファンテール夏SP/
金欠文字描きです。→http://palettype.cogoe.jp favs:UTAU/ボカロ/伺/chiptune/ドット絵「ぼそぼそ…」の作者 →@boso2prj UTAU音源の中の人兼P「鳴波調/周」の開発者 フォロ/返気まぐれ。 FANBOX: http://goo.gl/nrXVGp

運営より
運営資金が厳しいので支援をお願いします。(手持ち資金の全持ち出しのため)
Pixiv FANBOXはじめました。
サイトトップにあるバナーよりチップを送れます。
仮想通貨でもチップを送れます
Bitcoin:1JupSQVb2UHd67h6kCQ6f4Jxw4WE3aLbXP
MonaCoin:MRMV8J1QuLbnRYrv6ifCNRxWtbUH2tBpSP
広告